スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三沢陽一 『致死量未満の殺人』

三沢陽一
『致死量未満の殺人』



「BOOK」データベースより
雪に閉ざされた山荘で、女子大生・弥生が毒殺された。容疑者は一緒に宿泊していた同じ大学のゼミ仲間4人ー龍太、花帆、真佐人、圭。外の世界から切り離された密室状況で、同じ食事、同じ飲み物を分け合っていたはずなのに、犯人はどうやって弥生だけに毒を飲ませることができたのか。警察が到着するまで、残された4人は推理合戦を始める…。15年後、雪の降る夜。花帆と夫の営む喫茶店を訪れたのは、卒業以来、音信不通の龍太だった。あと数時間で時効を迎える弥生の事件は、未解決のまま花帆たちの人生に拭いきれない影を落としていた。だが、龍太はおもむろに告げる。「弥生を殺したのは俺だよ」たび重なる推理とどんでん返しの果てに明かされる驚愕の真相とは?第3回アガサ・クリスティー賞に輝く正統派本格ミステリ。


「弥生を殺したのは俺だよ」
から始まるミステリ。

ここで犯人わかっちゃったら
今後のストーリーはどうなるの?
と、少々不満と不安を抱きつつ読みました。

いやー弥生の悪女っぷりが爽快です。
こんな風に思っちゃいけないんだろうけど
たしかにこの人(弥生)誰かに殺されてもおかしくない(^^;)

弥生を殺したと白状した龍太が当時の話をし始め、
ただじっと犯行時の話を聞いてるだけならば
面白くもなんともないので、
ドンデン返しは期待してましたが、
まぁ想定内な話( ´Д`)と思ってたが。

龍太の話の合間にも地味に登場し続ける花帆の旦那。
彼がキーパーソンなのだが。。。

龍太が去った後に本当の事実らしいことを語り始める花帆の旦那。
救いの道を切り開いたかと思ったら
でもその影には他の人間がと「本当の犯人は~」とか言い出し、

彼もそんなつもりはなかったのかも~
だとか、結局このままでいいなら
それでいいじゃん
って思ってしまったよ。
ま、ここまでがこのミステリの醍醐味なんだろうけど(^^;)

でもこんな流れのミステリもなかなか楽しめたので良かった。




宮下恵栞 『あの日、ブルームーンに。』

宮下恵栞
『あの日、ブルームーンに。』



「BOOK」データベースより
初めての恋をして、わたしはひとつ、大人になるーまわりに合わせることが苦手で、いつもひとりでいる望月結愛。中三の春、ひょんなことからオンナたらしと噂される金髪の同級生・蒼井瞬の意外な一面に触れ、しだいに惹かれてゆくのだが…。炭酸水のように甘く苦く心をこがす切ないラブストーリー。本編のその後を描いた書き下ろし短編を加えて待望の文庫化!

中学生の頃を思い出しました。
といってもこんな甘酸っぱい思い出はないのですが。。。
こんな内容の本読んでたなーって。

嫌いじゃないので面白く読ませてもらいましたが、
真面目な主人公と少しミステリアスな少年が
ひょんなことで近づいて、少年の家庭の事情や
なんやらでお互い別々になり数年後には出会ってその後は・・・。
なありきたりなストーリー。

最後の「タチアオイ~」が良かったな^^

水生広海 『かいぶつのまち』

水生広海
『かいぶつのまち』



「BOOK」データベースより
演劇全国大会の前日、出演予定の部員たちが何故か次々と体調を崩す。さらに、上演予定の作品「かいぶつのまち」と同調するかのように、主役の女生徒に凶器のナイフが届けられ、せっかくの晴れ舞台はだいなしに!後輩たちの芝居を観に来た劇団「羅針盤」の元メンバーは、この騒動の背後に潜む「かいぶつ」の姿を探し始めるー。人間の「悪意」と「壁」を描く傑作青春推理。

前作がすごく面白かったので
期待してしまったせいか肩透かしな感じです。
全く楽しめなかったわけではないのですが…。

前作と比べたらいけないのだろうけど(^^;)

黒幕だった演劇部の2年生たちがどうしても
嫌いになれないな~って思って読んでいたら、
実際の黒幕は他にいた。

最後、演劇でコテンパンにしたところはスッキリしたけど、
本来ならばあんなのはダメですよね(^^;)
せめて校内発表の場ですべき。

いずれにしろ、彼女ら3人(彼女?)が
今後もまたいろんな事件に巻き込まれるのを
楽しみにしたいです。


宮沢龍生 『K SIDE:Black&White』

宮沢龍生 
『K SIDE:Black&White』



「BOOK」データベースより
“白銀の王”アドルフ・K・ヴァイスマンの乗る飛行船の爆発に巻き込まれ、九死に一生を得た、伊佐那社(シロ)、夜刀神狗朗(クロ)、ネコ。奇妙な縁で結ばれた三人は、逃亡先の一室でそれぞれの来し方に思いを馳せるー。クロがかつて仕えた先代の“無色の王”三輪一言、師弟の間に在る絆。幻惑の異能力を操るネコ、彼女はなぜ猫の姿をしているのか。そして、微睡みの中で遠い記憶の底をのぞきこむシロ。そこには、共にいれば心安らぎ、未来を語りあえる二人がいた。伊佐那社、夜刀神狗朗、ネコーそれぞれ“過去”をめぐる物語が幕を上げる。人気アニメ、オリジナル小説第3弾。

アニメKのサイドストーリー3作目。

読めば読むほどこの作品を好きになります^^
青、赤、黒白で今回はクロとシロとネコの話。

今までそんなに興味なかったクロが好きになりました^^
まだまだネコは謎な存在だし、
クロの兄弟子も気になるところ。

アニメKの2期、映画化前にまた読みたくなるな~。

4作目は誰のストーリーになるのか?
鎌さまだったらちょっと嬉しい^^

それとゲーム化。。。楽しみです♪♪♪





三谷幸喜 『清須会議』

三谷幸喜
『清須会議』



「BOOK」データベースより
信長亡きあと、清須城を舞台に、歴史を動かす心理戦が始まった。猪突猛進な柴田勝家、用意周到な羽柴秀吉。情と利の間で揺れる、丹羽長秀、池田恒興ら武将たち。愛憎を抱え、陰でじっと見守る、お市、寧、松姫ら女たち。キャスティング・ボートを握るのは誰なのか?五日間の攻防を「現代語訳」で綴る、笑いとドラマに満ちた傑作時代小説。



映画も見ましたが、面白かったです^^

信長の本能寺での最後は小説の方が面白いですが、
全体を通したら映画の方が笑えます。

この本を読んで柴田勝家のイメージが崩れました(^^;)
あれ、ダメじゃん(笑)

あと信雄のバカっぷりがすごい好きでした^^






プロフィール

かりんトウ46

Author:かりんトウ46
多趣味の一つとして読書がございます。本を読むのは好きなので簡単に感想書きたいと思います。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。